映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の感想

スポンサードリンク

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の感想です。

原作の漫画を一度だけ見たことのあるこの映画を見てみました。
原作はなんと日本の漫画でとても発想が面白いと感じたことを覚えています。

映画はさすがハリウッドだけあり凄い迫力!

ストーリーは若干原作にアレンジが加えられており、リタのループ能力が失われていたりラストがリタとの戦いではなくギタイ本体を倒すという万人に受けそうな王道のストーリー。原作漫画のラストが日本の漫画らしいとてもユニークなラストなのに対し、映画のラストはハリウッドらしいハッピーエンドのラスト。

とても良く仕上がっていたので漫画とはまた別の魅力がプラスされている面白い作品でした。特にケイジ小佐(トムクルーズ)が負傷し”もうループができない”という緊張感を演出するところがまさにハリウッドでした♪

スポンサードリンク

カテゴリー: 映画 パーマリンク