ランニングで姿勢・ゆがみ矯正

スポンサードリンク

 猫背や体のゆがみが気になっている私。なぜか正しいフォームを意識してランニングをした後は体がぐっと伸び、すがすがしい気持ちになります。
 このことから私はランニングで体の姿勢・ゆがみ矯正ができると考えランニングを始めることにしました☆
 それでは体の姿勢・歪み矯正につながるランニングの基本的なポイントをお伝えします。

1、顎を引く。

 顎を軽く引くことにより自然に背筋がグッと伸び猫背が解消されます。マラソンにおいても軽く顎を引くためか、真正面よりやや下、「正面斜め下」に視線を向けるようです。さらに腹式呼吸が自然としやすくなります。

2、胸を張る。

 胸を開くと猫背の時に比べ非常に呼吸がしやすいです。さらには背筋も伸びます。

3、鼻呼吸。

 しんどくなると人間はどうしても酸素を得るため口呼吸になってしまいますが、人間は本来鼻呼吸するように出来ています。口呼吸を行なうと菌がそのまま肺い入り風邪をひきやすくなったり、吸った空気が加湿されずスムーズに酸素が吸収されません。
 また鼻呼吸により自然を腹式呼吸になりインナーマッスルが鍛えられます。インナーマッスルが鍛えられることにより姿勢がよくなるのです。マラソンにおいては吸う吐く共に鼻からではしんどいので「鼻から吸って口から吐く」が基本をされています。

まとめ

 マラソンにおいて、不自然で体に負担のかかる姿勢で長距離走ることは非常に難しいことです。長距離を走ることが目的をしたマラソンだからこそ、人間の一番適切な姿勢が見つかるのかもしれません。そのためこの3つの点はマラソンに限らず、私生活においてもキレイな姿勢を維持するために重要なことだと考えます。正しい姿勢を手に入れ、より活き活きとした生活を手に入れたいです(笑)
その他、ランニングの基本的なポイントやウォーキングについては追々記載できればと考えています♪

スポンサードリンク

カテゴリー: マラソン パーマリンク

ランニングで姿勢・ゆがみ矯正 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ウォーキングの基本姿勢。 | 遊び場日記

コメントは停止中です。