映画「バトルシップ」「ピクセル」「そして父になる」の感想

スポンサードリンク

映画「バトルシップ」「ピクセル」「そして父になる」の感想です。

まずは「バトルシップ」。

インディペンデンスデイとトランスフォーマー、アイアンマンを合わせた感じでなかなか楽しかったです。

次に「ピクセル」。

地球の文化の紹介としてゲームを宇宙に向けて送るとそれを受け取った宇宙人が挑戦状と勘違い!宇宙人は受け取ったゲームを再現?し地球の存亡をかけたゲーム勝負をする!という話。パックマンとドンキーコングは私もなじみのあるゲームですので楽しかったです。

最後に「そして父になる」。

実話をもとにした映画です。終わり方が少し・・・という感じ。
この家族が今後どうなっていくかは描けないにしても何か煮え切らない終わり方でした。一緒に食事から始まりお泊り、そして交換となるのですが実の子、育ての子の両方に愛情を感じ始めたところでその先が見えないまま終了とは・・・

スポンサードリンク

カテゴリー: 映画 パーマリンク