グーグルマップの備忘録

スポンサードリンク

グーグルマップが大きく有料化される流れであるためグーグルマップから国土地理院の地図に切り替えることにしました。グーグルマップを全て削除するつもりなのでまたいつか使う時が来た時に備えての備忘録です。

ちなみに国土地理院の空中写真でダウンロードできるものは出典さえ記載すれば拡大や縮小、補足を加えたりしての使用してもOKのようです。

それではグーグルマップの記載方法です。

まずをマップを表示させたい所に、

<p><div id=”map”></div></p>

と記載。

(id=”map”はCSSでサイズなどを規定)

つぎにbody内の最後に

<script type=”text/javascript”
src=”https://maps.google.com/maps/api/js?sensor=false”></script>
<script type=”text/javascript”>
function initialize() {
var latlng = new google.maps.LatLng(37.006508, 136.755295);
var opts = {
zoom: 16,
center: latlng,
mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP
};
var map = new google.maps.Map(document.getElementById(“map”), opts);

var m_latlng1 = new google.maps.LatLng(37.004843, 136.752930);
var marker1 = new google.maps.Marker({
position: m_latlng1,
map: map,
title: ‘地名などを記載’
});
var contentString1 = ‘<div style=”width: 150px;”><FONT color=”#000000″>地名などを記載</FONT></div>’;
var infowindow1 = new google.maps.InfoWindow({
content: contentString1
});
google.maps.event.addListener(marker1, ‘click’, function() {
infowindow1.open(map,marker1);
});

}
</script>

などと記載します。

以上、グーグルマップの備忘録でした。

スポンサードリンク

カテゴリー: プログラミング パーマリンク