スポンサーリンク

ゴルフのグリップ、左手親指の位置

 よく言われるのがグリップの作るV字が左右共に右肩を指すように!ということです。
まずはここから説明。クラブを握る際に左手の親指と人差し指の付け根を密着させることにより安定したショットを打てるようになります。その親指と人差しの作るV字が右肩をさすようにすればいいのです。
こちらが参考の写真↓(私は下手くそなのでネットでもっと上手な写真を参考にしてください笑っ)

ちなみにこのV字が右肩を指すのが基本の初心者に打ちやすいストロング・グリップ、顎を指すのがニュートラル・グリップ、左肩を指すのがウィーク・グリップです。
(左右のV字はどのグリップスタイルにおいても同一の方向を向けることによりショットが安定します。)

 そしてこのV字が右肩を指すストロンググリップにおいて重要なのが左手の親指の位置なのです。
当初私は次の写真(1)のように左手の親指がシャフトの中心にまっすぐになるように握っていました。

(1)
(2)
しかしこの位置はニュートラル・グリップにおいて正しい位置であり、ストロンググリップにしようとしても自然にはV字が右肩を向きませんね(^^;)そのため練習すれどすれどスライスばかり・・・

 そこで調べた結果、左手親指の位置を上の写真(1)のように12時の方向ではなく(2)の写真のように1時前後の位置におくと劇的に改善したのです!

 あとは力を抜いてグリップエンドから2cmほどの場所から握り、体全体でスイングすればOK!
もし「ゴルフ グリップ 左手 親指」なんてキーワードでこのページにやってきた方!ぜひ試してみてくださいヾ(oゝω・o)ノ))

スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

東海遊び場.com

遊び場日記Top

旅行日記▽

ゴルフ日記▽

パソコン日記▽

買い物日記▽

DIY日記・金属編▽

DIY日記・木工編▽

DIY日記・塗装編▽

DIY日記・作品編▽

エトセトラ▽

管理人へのお問い合わせ

リンク集▽