スポンサーリンク

ゴルフの基本・グリップの種類

 ゴルフの基本であるグリップの種類について考えてみました。
それぞれのグリップの利点や初心者におすすめのグリップ、そのグリップで活躍したプロ選手などを中心に記載していきます。

1、オーバーラッピング・インターロッキング・ベースボール

 まずは基本のグリップのこの3種類から見ていきます。

(1)オーバーラッピンググリップ
 右手の小指を左手の人差し指に乗せて握ります。最も一般的なグリップです。多くのプロ選手もこのグリップで、ある程度両手の一体感が得られ力も入りやすいです。

(2)インターロッキンググリップ
 右手の小指と左手の人差し指を絡めて握ります。手の一体感が得られ安定したショットを打つことができます。以前や手の小さい人や非力な人向け、飛距離が落ちる握り方などと言われていましたが、タイガーウッズや石川遼が使用している事などから近年見直されてきています。

(3)ベースボールグリップ
  上記2つのグリップと違い手を絡めずに野球のバットを握るように握ります。飛距離がでやすい、初心者の方は打ちやすいなどの利点がありますが、一体感がなく安定しにくいため使用するプロ選手は少ないですが、このグリップで全米ツアーを制した選手もいるようです。

2、パームグリップとフィンガーグリップ

 下の写真の左側がパームグリップ・右の写真がフィンガーグリップです。写真を見て分かるように手のひらで握るか、指の付けねで握るかの違いです。
 現在の主流はフィンガーグリップであり、フィンガーグリップの方が手首のコックが使いやすいようです。私もフィンガーグリップの方が等圧で握ることができコントロールをしやすい印象を受けます。

3、ロングサムとショートサム

 下の写真、左がロングサム、右がショートサムです。違いは左手の親指を縮めるが伸ばすかという違い。現在の主流はショートサムであり、より等圧に力がかかり親指でクラブをコントロールしやすいといわれています。

4、ストロンググリップ・ニュートラルグリップ・ウィークグリップ

 この3種類のグリップについてはこちらの「グリップ・左手の親指の位置」のページで解説してありますので参考にしてください。

まとめ

 以上のことをまとめるとこれからゴルフを始める初心者は、
1、オーバーラッピンググリップorインターロッキンググリップ
*ちなみに管理人はオーバーラッピングの方が左腕が軸になり打ちやすい感じがするのでオーバーラッピングです。
2、フィンガーグリップ
3、ショートサム
4、ストロンググリップ
の組み合わせで始めるのをおすすめします!

スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

東海遊び場.com

遊び場日記Top

旅行日記▽

ゴルフ日記▽

パソコン日記▽

買い物日記▽

DIY日記・金属編▽

DIY日記・木工編▽

DIY日記・塗装編▽

DIY日記・作品編▽

エトセトラ▽

管理人へのお問い合わせ

リンク集▽