スポンサーリンク

自転車(クロスバイク)の正しい姿勢

 自転車(クロスバイク)で通勤を始めて早半年。

確かにクロスバイクは速くて楽なのですが、なぜ運動をした後のスッキリ感が足りない!

それどころがなんか首周りに違和感?のある感じさえする・・・

という事でここらでクロスバイクの正しい姿勢について考えてみました(^^)

いろいろと調べてみるとクロスバイクに乗る際の正しい姿勢にはいくつかのポイントがあるようです。

1、アゴを引く。

 私が首周りにだるさを感じたのでこれが一番重要かも知れません。
通常のママチャリを違いクロスバイクは前傾姿勢になります。そのため前を見ようをアゴがあがってしまいます。すると首が屈曲し頚椎に負担がかかるようです。こちらのページでお伝えしたようにクロスバイクは路面からの衝撃がママチャリなどに比べて大きいですので、健康に長く乗るためにはアゴを引いて頚椎を痛めないことが大切です。

2、骨盤を立てて少し背中を丸める

 これはより前傾になるロードバイクなどに当てはまりそうでクロスバイクにはあまり関係ないかもしれまえんが、へその下あたりに力を入れて骨盤をたて骨盤からではなく背中から少し猫背になり前傾になる事で、腰痛予防や腹筋のシェイプアップ、さらにはペダルに効率よく力が加わるそうです。
 また実感するようなことがあれば追記します。

3、足指の付け根でペダルをこぐ

 足指の付け根(拇指球)にペダルを乗せてこぐと足首、ふくらはぎの筋肉も使うことができより快適に走れるようです。
 実践してみると確かに快適に走れましたし、運動しているという実感もでてきました(笑)

まとめ

 2の骨盤を立てるに関しましてはまだよく分かりませんでしたが、アゴを引いて拇指球でこぐと今までより格段にスムーズに走れ、ただ自転車をこいでいるのではなく、「運動している!」をいう実感がでてきました♪ではこの姿勢で今から出かけてきます(^^)v

スポンサーリンク