スポンサーリンク

アルコール依存症による病気

 なぜアルコール依存症は怖い病気なのでしょうか?アルコール依存症は肝臓・すい臓などの臓器に悪影響を与えるだけでなく、脳がやられ認知症になったり、手足の筋肉がやられることさえあるのです。それではアルコールにより引き起こされる病気について一つづつ見ていきたいと思います。

アルコール依存症による病気

肝障害
アルコールを代謝する肝臓はアルコールの影響を大きく受けます。
アルコールが原因の肝障害として、肝脂肪・アルコール肝炎・肝硬変があります。

アルコールすい炎
アルコールの飲みすぎにより、アルコールすい炎を起こす可能性があります。強烈な上腹部痛や背部痛を訴え、すい臓が萎縮します。そしてすい臓が萎縮すると、糖尿病の原因にもなります。
重症な急性すい炎は死亡率の高い病気でもあります。

アルコール心筋症
心臓が肥大して、不整脈、呼吸困難などが見られます。

アルコール・ミオパチー
手足の筋肉がやられます。

アルコール性認知症
ウェルニッケ・コルサコフ症候群やアルコール性小脳変性症により、認知症になるリスクが高まります。

中毒性弱視
視力が低下します。

胎児アルコール症候群
妊婦が大量のアルコールを摂取していると、障害をもった子供が生まれる確立が高まります。

スポンサーリンク