スポンサーリンク

オムツの種類と使用法

 介護で使用するオムツには様々は種類があり、介護が高齢者の状況に合わせて使用する必要があります。主なオムツの種類として、テープタイプ・パンツタイプ・パッドタイプがあります。

パッドタイプ

 下着またはパンツタイプ、テープタイプと一緒に使います。かるい尿失禁程度でしたらこちらで充分です。介助がなくても自力で歩行できる方にオススメです。
  また介護施設などでは重度の介護が必要な方に対し、テープタイプと併用するなどにより、入浴時や便失禁時にはテープタイプ・パッドタイプ両方の交換をし、尿失禁時はパッドタイプのみを交換を行うケースが多いです。

パンツタイプ

 下着のように履くタイプで、利用する方の心理的な抵抗感が比較的小さいのが特長。下着感覚の薄型タイプから、しっかり吸収する厚型タイプまで、尿量に合わせてさまざまな種類があります。介助があれば歩ける方、介助があれば立ったり座ったりすることができる方で軽い便失禁などをしてしまう方にオススメです。

テープタイプ

 後ろから前にテープで固定するタイプです。寝たきりの方などにオススメです。

スポンサーリンク