スポンサーリンク

介護保険を利用するには

 ご家族やご親戚、ご友人が脳梗塞や認知症の進行により介護が必要になった場合、どのような手続きをつれば公的な介護サービスを受けることができるのでしょうか?今回は介護サービスを受けるまでの流れをご説明いたします。

サービス利用の流れ

(1)、要支援・要介護認定申請
介護を必要とする本人・ご家族が市役所等に申請します。
介護保険を申請することのできる対象者

(2)、訪問調査
訪問調査員が家庭を訪問し、本人の心身の状態や日常生活の様子を聞き取り調査します。

(3)、審査
調査員が調査した結果とかかりつけ医の意見書をもとに審査されます。

(4)認定
審査の結果が本人に通知されます。有効期間は6ヶ月。
要支援1~2、要介護1~5の7段階に分類され、利用できるサービス・介護保険の支給限度額がきまります。
要支援1~2の方が利用できるサービス(介護予防サービス)
要介護1~5の方が利用できるサービス

(5)、ケアプランの作成(全額保険負担)
要支援の方は地域包括支援センターの保健師・主任介護支援専門員が。
要介護の方は居宅介護支援事業者がケアプランを作成します。

(6)、利用者承認
作成したケアプランの説明を受け、利用者・ご家族が承認します。

(7)、サービスの開始
利用できるサービスの提供事業者と契約をし、ケアプランに基づいたサービスを受けることができます。

(8)、利用料の支払い
サービス費用の利用者負担分(1割)と食住居費などの実費相当額をサービス事業者に支払います。

スポンサーリンク