スポンサーリンク

訪問介護(ホームヘルプサービス)

 介護保険サービスの一つ、訪問介護(ホームヘルプサービス)を活用することにより、高齢者がより安心して在宅での生活をおくることができます。例えば、比較的元気ですが、買い物や掃除までは体が思うように動かない、一人暮らしのおばあさんの買い物や掃除を手伝う。寝たりきりのおじいさんを自宅で介護したいが、オムツの交換や服の着替えは家族だけではかなりの負担になる。などという時に訪問介護(ホームヘルプサービス)を活用することができます。

訪問介護(ホームヘルプサービス)の業務内容

訪問介護(ホームヘルプサービス)の業務内容は「生活援助」・「身体介護」・「相談・助言」の3項目にわたります。

(1)、生活援助
・食事の世話
・衣類の洗濯、補修
・ベッドメーキング、寝具の手入れ
・住宅などの掃除、整理整頓
・身の回りの世話
・買い物
・薬の受け取り
・医療機関との連絡
・そのために必要な家事

(2)、身体介護
・移乗、移動の介助
・食事の介助
・排泄の介助
・衣類着脱
・整容
・入浴の介助
・清拭、洗髪
・通院介助などそのほかの身体介助

(3)、相談助言
生活、介護に関する相談、助言

訪問介護(ホームヘルプサービス)でできないこと


訪問介護(ホームヘルプサービス)は皆様からの介護保険で成り立っており、介護保険の目的はサポートの必要な高齢者への援助にあります。そのため本来の目的とかけ離れた業務はホームヘルパーは行うことができません。ここにホームヘルパーに禁止されている事項を記載したいと思いますので、ぜひご家族・利用者の方々の理解を深めていただきたいと考えています。

(1)、契約内容外の仕事
ホームヘルパーの行うことのできる行為であっても、あらかじめ作成されたケアプランから逸脱した行為は行うことができません。もし「どうしても」と頼まれた場合は、担当ケアマネジャー等と相談しケアプランの変更などを行う必要があります。

(2)、医療行為
痰の吸引・経管栄養の管理・酸素吸入などは医療行為に該当し行うことができません。
2005年に医療行為でないと認められた援助はこちら

スポンサーリンク