スポンサーリンク

介護予防サービスとは

 介護予防サービスとは、要支援1、要支援2に認定された方が利用することができます。
  在宅サービスに対する保険給付の限度額(支給限度基準額)は、要支援1が月額49,700円、要支援2が月額104,000円と決まっており、支給限度基準額以内での利用者自己負担はかかった費用の1割です。支給限度基準額を超えるサービスを利用する場合には、その超えた分の費用の全額を自己負担することになります。

介護予防サービス一覧

(1)、介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)
介護福祉士等のホームヘルパーが居宅を訪問して、食事の準備など、利用者が自分でできることが増えるように支援を行う。
介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)の概要はこちら

(2)、介護予防訪問入浴介助
浴槽を積んだ入浴車が居宅を訪問して入浴の手助けを行う。

(3)、介護予防訪問看護
看護師等が居宅を訪問して、主治医の指示に基づいた療養上の世話または必要な診療の補助を行う。

(4)、介護予防訪問リハビリテーション
理学療法士、作業療法士等が居宅を訪問して心身機能の維持回復や、日常生活の自立のための機能訓練を行う。

(5)、介護予防居宅療養管理指導
医師、歯科医師、薬剤師等が居宅を訪問して診療上の管理や指導を行う。

(6)、介護予防通所介護(デイサービス)
日中、デイサービスセンター等に通所して食事・入浴等の支援を受ける。
介護予防通所介護(デイサービス)の概要はこちら

(7)、介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
老人保健施設、病院などに通い、心身機能の維持回復、日常生活の自立のための機能訓練を行う。

(8)、介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などへの短期入所。
短期入所生活介護(ショートステイ)の概要はこちら

(9)、介護予防短期入所療養介護
介護老人保健施設(老人保健施設)などへの短期入所

(10)、介護予防福祉用具貸与
歩行器や車椅子、特殊寝台などの貸与

(11)、特定福祉用具販売
指定事業者から購入した場合、償還払いにより支給されます。

(12)、住宅改修費の支給
手すりの取り付けや段差の解消など、改修後に償還払いにより支給されます。

(13)、介護予防特定施設入居者生活介護
有料老人ホームなどに入所している要支援者に対し、日常生活上の世話及び機能訓練を行う。

(14)、介護予防認知症対応型通所介護
認知症の方が対象のデイサービスです。

(15)、介護予防小規模多機能型居宅介護
小規模多機能型居宅介護サービスは、身近な事業所で入浴や食事その他の日常生活に必要なお世話を行う「通い」のサービスのほか、利用者の状態や希望に応じ、随時「訪問」や「泊まり」のサービスを組み合わせて提供します。

(16)、介護予防認知症対応型共同生活介護
一般にグループホームと呼ばれ、認知症の高齢者が共同で生活できる場で食事や入浴などの介護や機能訓練が受けられます。

(17)、居宅予防支援
要支援者のケアプランを作成。

スポンサーリンク