スポンサーリンク

介護保険の対象者

 介護保険サービスはどのような人でも受給できるわけではなく、年齢や状況により受給できるかどうか判断されます。それではどのような人が介護保険の対象者になるか見ていきたいと思います。

介護保険の対象者

(1)、第一号被保険者
65歳以上の要支援者・要介護の認定を受けた人。

(2)、第二号被保険者
40歳以上65歳未満の老化を伴う病気によって要支援・要介護の認定を受けた人。
老化に伴う病気(16)の特定疾患
1、がん(末期)
2、関節リウマチ
3、筋萎縮性側索硬化症
4、後縦靭帯骨化症
5、骨折を伴う骨粗しょう症
6、初老期における認知症
7、進行性核上性麻痺、大脳皮基底核変性症及びパーキンソン病
8、脊髄小脳変性症
9、脊柱管狭窄症
10、早老症
11、多系統萎縮症
12、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
13、脳血管疾患
14、閉塞性動脈硬化症
15、慢性閉塞性肺疾患
16、両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

障害者自立支援法によるサービス

 ここまでの話を聞いて、40歳未満で介護が必要な状況になったらどうすればよいか不安に思った人も多いと思います。介護保険法においてはあくまで、老化により介護が必要な状況になった事を想定しておりますので対象年齢が40歳以上となっております。その為、40歳未満で介護が必要になった場合は障害者自立支援法によるサービスを受ける事ができる可能性があります。
 この障害者自立支援法は別の制度になっておりますのでこちらで説明したいと思います。

スポンサーリンク