スポンサーリンク

福祉用具貸与について

 購入すればかなりの高額になってしまう介護用品。そしてせっかく購入した介護用具も使用者の体調の変化などにより、いつまで使用できるかも分かりません。そのため、介護保険法では日常生活の役に立つ12種目の用具に関して、1割の費用でレンタルできる制度があります。かなり安いと感じられる値段でレンタルすることができますので、ぜひ参考にして下さい。こちらに12種目の用具と平均的なレンタル費用を記載いたします。

福祉用具貸与・12種目

(1)、歩行器
4本足のアームウォーカーと呼ばれる歩行器から一般的に「うば車」「おんばさん」などと呼ばれるシルバーカーがレンタルできます
費用:200円~400円/月

(2)、歩行補助杖
4点杖から松葉杖までレンタルできます
費用:100円~300円/月

(3)、手すり
住宅改修を伴わない、簡単に設置できる手すりをレンタルすることができます。
費用:100円~500円/月

(4)スロープ
持ち運びのできる簡易スロープのレンタルができます。
費用:400円~800円/月

(5)、車いす
通常の車いす以外にも、リクライニングの出来るものや電動車いすがレンタルできます。
費用(通常):400円~800円/月
費用(電動):2000円~3000円/月

(6)、車いす付属品
車いす用のクッションや車いす用のテーブルをレンタルできます。
費用:100円~300円/月

(7)、特殊寝台
ギャッジアップやリクライニングのできる特殊寝台がレンタルできます。
費用:800円~1800円/月

(8)、特殊寝台付属品
マットレスやベッドのサイドレールがレンタルできます。
費用:50円~200円/月

(9) 褥瘡予防用具
褥瘡を予防するためのマットレスがレンタルできます。
費用:300円~1000円/月

(10)体位変換器
体位変換をするためのクッションなどがレンタルできます。
費用:100円~300円/月

(11)移動用リフト
ベッドや車いすへの移動が楽に行える椅子型リフトや、玄関などの段差を車ごと持ち上げる電動昇降機がレンタルできます。
費用:1000円~4000円/月

(12)認知症高齢者徘徊感知機器
人の通過で反応するもの、人が踏むことにより反応するもの、一定の距離を離れると反応するものなど、様々タイプの徘徊感知機器がレンタルできます。
費用:600円~1000円

スポンサーリンク