スポンサーリンク

介護の関連職種

 介護の仕事は介護福祉士やホームヘルパーのみで成り立っている訳ではありません。医師や看護師、栄養士や作業療法士や理学療法士といった、様々な専門職種の人達と協力し、一人一人の高齢者を支えているのです。このページは内容は、すでに介護の現場で働いている方は理解されていると思いますが、これから介護の現場で働こうと考えている方々、または介護の仕事に就きたいが、介護職以外の方法で関わっていきたいと考えている人達のために記載いたしました。それでは介護に関連する職種を一つづつ見ていきたいと思います。

社会福祉士

 社会福祉士は特別養護老人ホームやデイサービス等生活相談員として活躍しています。

医師

 介護の現場において医師が常駐してるというケースは少ないですが、定期的に医師が訪問しケアを行っている施設がほとんどです。介護職員は利用者の状況を正確に医師に伝える必要があります。

看護師

 特別養護老人ホームなどの施設では看護師が常駐し、介護職員にはできない医療的ケアを行っています。介護職員と看護職員の正確な情報交換が重要です。

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)

 以外に知られていない介護現場で活躍する専門職が理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)です。主な仕事内容は利用者のリハビリテーションです。介護におけるリハビリテーションの重要性、残存機能維持の重要性は後日述べたいと思います。

栄養士

 特別養護老人ホームなどの施設では、栄養士の指導のもと適切な食事が提供されます。特に高齢者施設では糖尿病による食事制限や、嚥下能力の著しく低下した利用者がいるため、利用者の状況を積極的に理解できる栄養士が求められます。

スポンサーリンク