スポンサーリンク

介護に関する資格

 これから介護の仕事に就きたいと考える人はどのような資格をとればよいのでしょうか?また、介護職としてステップしていきたい人のためにどのような資格があるのでしょうか?またまた、介護の仕事には就かないが、家族に介護が必要となり、少しでも家族に安心して生活してもらうために勉強したいという方もいると思います。ここではそのような状況で役立つ介護の資格について説明していきたいと思います。
 なお作業療法士や理学療法士などの資格はこのページではなく介護の関連職種のページで説明していきたいと思います。

介護の資格

ホームヘルパー2級

 ホームヘルパー3級の廃止により(ホームヘルパー1級も廃止予定)、ホームヘルパー2級は介護の入門資格として位置づけられています。また就職に際しても多くの施設や事業所ではホームヘルパー2級以上を採用の条件としているケースが多いです。
  重度の介護を必要とする高齢者に対する介護業務では、危険を伴いますのでこのホームヘルパー2級は最低限身につけ介護業務にあたっていただきたいと考えます。
取得するには?
 国が定めたホームヘルパー要請研修132時間(講義60時間、実技42時間、実習30時間)を修了すれば取得可能です。試験はありません。
この受講費用に10万円ほどかかるケースがあります。

介護福祉士

 お実質、ホームヘルパー2級の上位にあたるのが介護福祉士の資格です。介護福祉士は、介護のプロとしての国家資格であり、試験に合格することによって得られます。
特別養護老人ホームなどでは介護福祉士の人員が充実していると加算がつくため、資格手当て等がつく施設も多いです。またホームヘルパー事業所の「サービス管理責任者」やデイサービスの「生活相談員」になる事のできる資格でもあります。介護の仕事でリーダー的役割を目指す人にとって必須の資格といえます。
取得するには?
介護福祉士の国家資格を得るには、大きく分けて2つのルートがあります。
(1)厚生労働省の指定する養成施設(2年)を卒業し、資格とる。(国家試験不要)
(2)3年以上の介護等の業務に従事した後、介護福祉士国家試験に合格し、資格をとる。

ケアマネージャー(介護支援専門員)

 ケアマネージャーとは介護が必要な高齢者に対し介護計画(ケアプラン)を作成し、その人に合わせた介護サービスを提供する介護の専門家です。主な仕事内容は介護が必要な高齢者・家族と介護サービスを提供する施設・事業者の橋渡しをして調整をはかります。
取得するには?
5年以上の介護等の業務に従事した後、「介護支援専門員実務研修受講試験」を受ける必要があります。それに合格したうえで「実務研修」を修了すると、介護支援専門員の資格を取得できます。

福祉住環境コーディネーター

 高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。この資格は住環境のことのみでなく、福祉や医療に関する幅広い知識を学ぶことができるため、福祉・介護を学ぶ学生に人気のある資格です。上記3つが実務的な資格であるのに対し、この資格はより福祉に関する知識を深めることのできる資格であるといえます。
取得するには?
学歴・年齢・性別・国籍による受験資格の制限はありませんので、誰でも筆記試験に合格すれば取得することができます。

スポンサーリンク