スポンサーリンク

短期入所生活介護(ショートステイ)

 短期入所生活介護(ショートステイ)とは、短期間の間、宿泊を伴う介護を受けることのできる介護サービスです。多くの場合は、デイサービスや特別養護老人ホームと併設されています。

短期入所生活介護(ショートステイ)の目的

短期入所生活介護(ショートステイ)の本来の目的は、家族の介護疲れを防止することや、家族の急な用事のために、介護が困難であり一時的に入所するためのものです。しかし現状では、特別養護老人ホームへの入所が困難であるため、長期にわたり短期入所生活介護(ショートステイ)を利用するケースが多く見られます。

短期入所生活介護(ショートステイ)の一日


  短期入所生活介護(ショートステイ)の基本的な一日を紹介いたします。
大部分が入所型施設(特別養護老人ホーム等)と同じです。またデイサービスなどと比べると「宿泊を伴うサービス=利用者の生活の場」となるため、 利用者の方は比較的ゆったりとした時間を過ごされています。

10:00:入所
ショートステイでは紛失などを防ぐため、入所時に所持している服や入れ歯、補聴器などの確認を行います。

10:00~10:30・バイタルチェック
その日の利用者に異常がないか、血圧測定や体温測定などの簡単なバイタルチェックが行われます。

10:30~11:00・入浴
職員の介助の元、順番に入浴していきます。

12:00~13:00・昼食
食事介助が必要な方には職員が介助をいたします。

13:30~15:00・レクリエーション・リハビリ
利用者の方々の楽しみのため。残存機能の維持向上のために、レクリエーション・リハビリを行います。

15:00~15:30・おやつタイム
お茶を飲み、おやつをいただきます。

18:00~19:00・夕食
食事介助が必要な方には職員が介助をいたします。

19:00~20:00・イブニングケア
更衣・排泄・臥床介助を行います

20:00~・就寝
夜間は安否確認のため、職員による巡回を行います。

6:30~8:00・モーニングケア
更衣・排泄・整容を行います

8:30~9:30・朝食
食事介助が必要な方には職員が介助をいたします。

帰宅する際には、入所時の持ち物のチェックリストに従い、忘れ物がないか確認します。

スポンサーリンク