スポンサーリンク

通所介護(デイサービス)で起業

 通所介護(デイサービス)もホームヘルプサービスと同じように、比較的少ない資金で開業できることが魅力です。しかしその事が、ホームヘルプサービスと同じように新規参入業者が多く、飽和状態になり、何らかの特色がなければ利用者を獲得することが難しく厳しい経営環境にあるようです。

通所介護(デイサービス)の人員基準

生活相談員:1名以上
生活相談員の用件
ケアマネージャー、介護福祉士、社会福祉士、の資格保有者。

看護職員:1名以上
正看護師、准看護師の資格保有者。
ただし、利用定員が10名以下の小規模デイサービスの場合は「看護職員または介護職員が1名以上」という規定があり、看護職員なしでの開業が可能です。

介護職員
利用者数が15名までは1名以上。15人を超える場合には、5名またはその端数を増すごとに1名を加えた人数以上となっております。
なお、資格要件はありませんので無資格でも可能です。

機能訓練指導者:1名以上
作業療法士・理学療法士が望まれますが、無資格の介護職員でも兼務は可能とされています。

管理者
生活相談員・看護職員・介護職員・機能訓練指導者との兼務が可能とされており、特段人数を増やす必要はありません。  

これらをまとめると、利用人数10名以下の小規模デイサービスでは、介護職員2名(1名は機能訓練指導者を兼務)と生活相談員(管理者)の3名で基準を満たすことができます。

訪問介護(ホームヘルプサービス)の設備基準

 法令では「指定通所介護事業所は、食堂、機能訓練室、静養室、相談室及び事務室を有するほか、消火設備その他の非常災害に際して必要な設備並びに指定通所介護の提供に必要なその他の設備及び備品等を備えなければならない。」
となっています。すなわち食堂・機能訓練室としてもリビングルームが、静養室として布団やベッドで横になれるスペースが、利用者やご家族と相談できる相談室および事務室が必要となってきます。

スポンサーリンク