スポンサーリンク

訪問介護(ホームヘルプサービス)で起業

 特別な設備が必要なく、少ない人員で起業できるのが、訪問介護(ホームヘルプサービス)の魅力です。しかしその反面、新規参入業者が乱立し多くの企業が経営難に陥っているという現実もあります。やはり訪問介護(ホームヘルプサービス)に参入するにおいては、他社にはない特色をアピールする必要があると考えます。また自らの事業所で利用者にケアプランを作成するためには、人員用件にはありませんが、ケアマネージャーの資格保有が望ましいと考えられます。
 それでは訪問介護(ホームヘルプサービス)に参入するにおいて最低限必要な人員基準・設備基準を説明したいと思います。

訪問介護(ホームヘルプサービス)の人員基準

サービス提供責任者:1名
サービス提供責任者の用件
(1)、介護福祉士
2)、ホームヘルパー1級
(3)、ホームヘルパー2級で実務経験3年以上
*管理者と兼務することが可能です。

管理者
用件は特にありません。
*サービス提供責任者と兼務することが可能です。

訪問介護員
介護福祉士かホームヘルパーの資格を保有した訪問介護員が常勤換算で2.5人以上必要です。
*内1人は、管理者およびサービス提供責任者を兼ねることができます。

この条件をまとめると、自身でサービス提供責任者となる事のできる資格を保有している場合、自分と常勤換算で1.5人の訪問介護員で訪問介護(ホームヘルプサービス)を始めることができるのです。

訪問介護(ホームヘルプサービス)の設備基準

 法令では「指定訪問介護事業所には、事業の運営を行うために必要な広さを有する専用の区画を設けるほか、指定訪問介護の提供に必要な設備及び備品等を備えなければならない。」
となっており、打ち合わせのできる事務所を手洗いなどの衛生設備があればよい事になっています。

スポンサーリンク