スポンサーリンク

食事形態の重要性

 食事という行為は人間らしく生きるためにの基本であり、食事がその人の生きがいとなったり、健康の維持・増進のためには欠かせないものでもあります。その反面、介護においての食事は高齢者の嚥下能力・咀嚼能力の低下により、危険を伴う行為でもあるため、細心の注意を払ったうえで、高齢者においしく食事を楽しんでいただく必要があります。今回は高齢者に合わせた食事の形にどのようなものがあるか紹介していきたいと思います。

普通食

 元気な高齢者であれば当然、普通の食事をとることができます(笑)
もし元気ですが少し硬いものは苦手という方がいらっしゃいましたら、肉には隠し包丁をいれたり、野菜は繊維に対して直角にカットしてあげると食べやすくなります。

刻み食

 食べ物を小さく刻んだものを刻み食と呼びます。この刻み食を提供する際の注意点は食塊を作りやすくする工夫が必要です。キャベツの千切りなどは、細かく切っただけでは、飲み込む時に食塊を作ることができず、むせやすくなります。また、焼き魚の身や卯の花の煮物などは、細かくても口の中の水分を奪い取ってしまうため、食塊を作ることができません。そのためキャベツの千切りであれば、ゆでて小さな温野菜にしたり、焼き魚であればあんかけにしたりと工夫が必要になってきます。

ソフト食

 近年でてきたのがこのソフト食です。ミキサー食では食欲がでない、刻み食では誤嚥の危険があるという声から生まれました。軟らかいけれど、しっかり食べ物の形がある、食欲がでる食べ物です。圧力釜をつかったり「つなぎ」を使用し調理しているようです。

とろみ食(汁物)

 うまく嚥下(飲み込み)ができない方に対しては「とろみ剤」と呼ばれるもので、水やお茶・水分の多い食事(お吸い物や味噌汁)にとろみをつけることで誤嚥などを防ぎ、安全においしく食事をとることができます。このとろみの程度は人によって異なりますので、その人にあったとろみの程度を調整する事が大切です。

ミキサー食

 全粥(かゆ)の米粒でも、口の中で残ってしまうような場合には、ミキサー粥(お粥をミキサーにかけて、さらに柔らかく、なめらかにしたもの)にします。おかずは適度にだし汁などを加えてミキサーにかけるとおいしく仕上がります。ミキサーの目安はポタージュー状がよいといわれています。

ゼリー食

 ミキサー食では誤嚥の危険性があり、飲み込むのが難しい人に対してはゼリー食になります。ミキサー食でペースト状にしたものをゼラチンで固めます

スポンサーリンク