スポンサーリンク

食事に潜む危険

 食事という本来、生活の中の大きな楽しみも嚥下能力・咀嚼能力の低下した高齢者には命の危険を伴う事があります。その危険の代表例をして、誤嚥によっる窒息死、誤嚥性肺炎と逆流性食道炎について見ていきたいと思います。

誤嚥による窒息死

 食事による誤嚥で喉をつまらせ窒息死するというケースは毎年多く起きています。ではその誤嚥による窒息死を防ぐためにはどのような介護を行えばよいのでしょうか?ここに誤嚥を防ぐいくつかのポイントを述べておきます。
(1)適切な食事形態での食事の提供。
(2)一口一口嚥下を確認しての食事介助。
(3)食事に適した姿勢での食事介助
この3点は最低限、意識した上で介助にあたるべきだと考えています。

誤嚥性肺炎とは

 誤嚥性肺炎とは食べ物や口腔内の細菌や胃液などが、誤って気管に入り引き起こす肺炎です。食べ物の誤嚥によりおこるのはもちろんですが、口腔内の細菌や逆流した胃液や気管に入り込むことによっても引き起こされます。このような口腔内の細菌や胃液の逆流を防ぐためにも、口腔内の清掃や口腔体操を重要と考えられています。

逆流性食道炎

 一般的にあまり知られていないのが逆流性食道炎による窒息事故です。例えば、逆流性食道炎の高齢者を食事後すぐに横になってもらったため、食べた食事を嘔吐し、その嘔吐物により窒息するというケースです。そのようなことを起こさないためにも、食事をしてしばらくは臥床していただき介護者は見守りを行う必要があると考えます。

スポンサーリンク