スポンサーリンク

窒息への対処

 ではもし食事中や食事後に喉をつまらせてしまって場合はどのように対処すればよいのでしょうか?もし呼吸をしていない状態であればすぐに119番通報をする必要があります。しかし呼吸が止まり5分以上続くと救命できる確立が非常に低下しますので、救急車を待つ間につまったものを取り除く必要があります。それではどのようにして取り除けばよいのは見ていきたいと思います。

指で掻き出す

 もしつまったものが見えるときには掻き出すこともできますが、無理をして更に奥へ押し込んでしまわないように注意しましょう。また、噛まれてしまうこともあるので指にハンカチやタオルを巻いたり、割り箸を噛ませたりする工夫も必要です。

背部叩打

 横向きに寝かせ、自分は病人の腹部側で立ちひざの姿勢で支えます。次に、病人の肩甲骨の間を手のひらの硬い部分で4~5回、力強く早く連続して叩きます。

腹部圧迫法(ハイムリッヒ法)

 背部叩打でも取り除けない場合は腹部圧迫法(ハイムリッヒ法)を行います。背後に立ち、両脇から手をくぐらせて、片手をグーにしてみぞおちのやや下あたりに当て、もう一方の手をパーにしてその上からかぶせて、自分の方にすばやく引き上げます。

スポンサーリンク