スポンサーリンク

てんかんの対応

 介護とてんかん?一見無関係に見えるかもしれませんがそうではありません。脳血管障害等により、てんかんを起こす高齢者が実は多いようです。介護の現場で高齢者がてんかんを起こすと、事前にある程度の知識がなければ適切な対応が難しいと思います。そのため今回は万が一、高齢者の方がてんかんを起こした場合、どのように対応したらよいか記載しました。

てんかんが起きた際の対応

 てんかんが起きた際、まず最初にしなければいけないのが転倒などによる怪我を防ぐことです。すぐに横になり安静にしていただきます。
その次に行なうのが気道の確保。衣服を緩め、異物や唾液で窒息死しないように気道を確保し、右側臥位にします。そして必要な部署に連絡し、1回の発作が5分以上続く場合や連続して発作が起きる場合は救急車で搬送します。

てんかんを予防するには。

 てんかんが起きてから対応するだけでなく、てんかんが起きやすい人に起きないように事前に対応することも重要です。睡眠不足やストレス、過度な運動や入浴はてんかんを誘発することもあるようですので、あまり高齢者に負担を与えずに過ごしていただくことが大事なのかもしれません。

スポンサーリンク