お墓参りの基本的な時期について
お墓は先祖や故人に対して供養するためにお参りします。
亡くなった人のご冥福を祈るとともに、家族が明るく、元気なことに心より感謝の心を捧げます。時期については、祥月命月・お盆・正月・春秋のお彼岸時期が一般的ですが、決まりはありません。それぞれの事情により、ご先祖様にご報告や感謝の心を捧げることが大切ではないでしょうか。

祥月命月
亡くなった日を命日と呼び、毎年のその忌日を祥月命日と呼びます。
お盆
旧暦7月15日(旧盆)、新暦7月15日(もしくは前後の土日)、
新暦8月15日(月遅れの盆。)その他(8月1日など
正月

毎年1月1日

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る